お弁当ピックの整理

私はキャラ弁や、可愛い園児向けのお弁当作りが苦手なのですが、導入してから息子の食いつきが良くなったアイテム…それはピックです。

息子はエジソン箸から練習を始め、3歳後半から子ども用お箸も使えるようになりましたが、幼稚園ではお昼の時間が限られているせいか、あまりお箸を使った形跡がなく、残すこともままありました。時には「コロッケ(←好物だから入れてたんだけど)はポロって落ちるから、入れないでぇー!」とクレームも…。

それでも、お箸でつかみやすいおかずにしたり、ピックをひとつひとつに刺して入れるようにしてから、完食してくれるようになりました。

きっと、幼稚園ではまわりのお友達がどんどん食べ終わってしまったり、遊びたい気持ちが先走って、お箸を使ったりスプーンやフォークに持ちかえる余裕がないのかな?と思います。

そんなわけで、どんどん増えていくピック。これを整理したいと模索してはや数か月…ようやく収まるところに収まったので、その記録です(^^;)

  ***

ピックを収納するのに使っていたのは、カルディで見つけたクッキー缶。正方形の中に、ミニジャムの空き瓶や子ども風邪シロップのカップを使って並べています(←これは私が愛読させていただいている整理収納アドバイザーの方のブログから、アイデアをいただきました)。

ただ、微細なサイズの違いで整列が困難となっている状態が、こちらです↓

b0341573_11215005.jpg


解決するために、カップのサイズを統一しよう!と、無印の小物ボックス(60円)を購入しました。直径35ミリくらい、ゼリーに近いサイズです。

(余談ですが、1個60円といえど無印良品週間に買いたくて、期間中に電話で取り置きをお願いして1週間ほど過ぎておから店舗に行きました。取り置きしておくと、実際の購入が良品週間が過ぎたあとでも、割引価格にしてくれるので便利です。)


b0341573_11214945.jpg

さらにガチャガチャ防止に、豆腐パックのへりを切り落とし…

b0341573_11220228.jpg


四つの部屋を作り、丸のカップを並べてからピックを入れました(撮影する時間が違ったので、上の写真と色味が違いすぎますね)


b0341573_11220212.jpg


出費はしたけどこれでまっすぐ整列してくれたし、朝の忙しい時間にイライラすることもなくなりました! 右のよけてあるので、もう使わないので処分または息子の粘土団子用にするピック。

お茶スペースを少し整理して、ピックを収めました(^^)

b0341573_11220293.jpg

幼稚園のお弁当作りもまもなく、半分が過ぎます。小学校ママが言うには「ほとんど給食だし、お弁当は遠足のときくらいだよ~」。

ピックを使える時間を大切に、思い切り使いまわしたいと思います(^-^)

 ***

酷暑が続くので玄関の生花を片づけて、フェイクフラワーに替えました。

b0341573_11222414.jpg



水の交換や虫を気にしなくて良いのは本当にありがたいです♪

この紫陽花は「asca」というメーカーのもので、とても造りが丁寧なもの。私はあまりアートフラワーとか詳しくないのですが、たまたま立ち寄る雑貨店がこのメーカーのものを取り扱っていて、前から気になっていて、今夏買ってみました。

b0341573_11222418.jpg


分かる人にはフェイクって分かってしまうけど、一介の主婦にとっては満足なクオリティなのです…。


b0341573_11222471.jpg


右のアイビーはニトリのもの。これも、こぼれる葉先が好き。



夏休みが始まり、どうなるのか自分でも予想がつかないけれど、まずは家族(近くの老親含め…)みんなが熱中症などにならず、無事に過ごせるといいな、と思います。





[PR]
# by Darjeeling_0655 | 2017-07-21 11:48 | お弁当

最近のお弁当(息子編)

連日の猛暑日、「梅雨明け前なのに、もうこの暑さ~?」と何度つぶやいたでしょう…。

焼け石に水となることは分かっていても、少しでも涼感アップしたくて、ダイニングテーブルにブルーのクロスをかけてみました(汚れ防止のビニールマットは継続)。我が家のテーブルは、模様が入っている重たいデザインなのですが、クロスをかけることでスッキリしました。

白い花との相性も好き♪

b0341573_13351874.jpg

クロスに使ったのは、使っていなかった水色のシーツ! たぶんこれからも、シーツとしては使わない物でしたが捨てなくて良かった(^^) そして幼稚園から帰ってきた息子が「あ・ら、す・て・きぃー!」と予想以上に褒めてくれました。ちょっと女子っぽいセンスがあるんですよね…。

***

最近の息子のお弁当です。

↓はじめて購入したキャラ弁の本『東京カレンダーMOOKS はじめてのかんたんキャラ弁(森崎りよ)』からアイデアを拝借して、女子っぽい息子にハートのおにぎりを。

本の方では、ピンクを引き立てるためにもっとすごいテクニックが使われていました。私はピンクのデコふりを混ぜただけで、これで精いっぱい…。

b0341573_13335144.jpg

***

↓ミニ遠足用。年少さんの頃は、これくらいのおにぎりもかじれなかった息子ですが、最近は普通サイズのおにぎりもOKになりました。成長を感じます。キャラ弁っぽいのは作れなかったので、コーンとシソで楽しんでくれたらいいなー。

b0341573_14420555.jpg


ミニ遠足から帰ったら、「お弁当のとき、先生が〇〇くん(息子)のシートに座ってくれたの! だからレジャーシートが風でとばされなかったの!(←先生が座って押さえてくれたということらしい)」と興奮ぎみに報告してくれました(^^) 先生大好きな息子にとっては嬉しいランチタイムだったみたいです。


***


↓家用の煮ものを作るときに細長く切った人参も一緒に茹でておいて、クッキー型でスプーン&フォークに。家ではめったに人参を食べてくれないのに、お弁当だとペロリ。

おにぎりを作る余裕がないときは、アンパンマンの混ぜご飯でも喜んでくれるので、ありがたいです。


b0341573_13342907.jpg

***


↓こちらは「食べるのむずかしかった!」とクレームのついたおにぎり(笑)。海苔をかみきるのが大変だったみたいです。

息子が起きるかドキドキしながら、ジャガイモのスパニッシュオムレツ、ハムとチーズの重ねピックなどの作業に朝からチャレンジした日でした。

b0341573_13342962.jpg

***


↓混ぜご飯の日。おうちコープの冷凍コーンがとても甘くて美味しいので、刻んだブロッコリーと混ぜるだけでもいけるかな?と。

その分、人参ハンバーグの手作りに注力できました(^^)

b0341573_13342902.jpg

***


↓ミニパン弁当。食べるのが遅いのでパンも良いかな?と思ったら、バター好きの息子に好評。バター&ジャムと、ハム&チーズのサンド。この頃から、ゼリーは無印の果汁100%のものを入れています。キャラクターゼリーよりも大きくて味が濃いのです。

息子もそろそろトーマス熱が落ち着いてきて、「こっち(無印)のゼリーがいい~」と言うようになりました。

b0341573_13342809.jpg

それから、息子は缶詰ミカンのブームが熱く、こうして写真を見返すと全部に入ってます(^^;) ミカンはフォークで刺しやすく、食べやすいみたいです。

***

入園当初は、全然食べてくれなかったお弁当ですが、今ではほぼ食べてきてくれるようになりました。

私はキャラ弁作りが苦手で、食材を指先でちまちま触ったりするのも抵抗があります。ただ、幼稚園生活も1/2弱が過ぎたとき、「こんなお弁当を喜んでくれる時期は、あとどれくらいだろう!?」と、ふと気づき「キャラ弁とまではいかなくても、できる範囲でお弁当作りを頑張ってみよう!」というポジティブな思考に舵を切ることにしました(大げさ?)。

もちろん冷凍食品も使いますが、息子が一生懸命食べる姿を想像しながら一回一回気持ちを込めて…(^-^) なんといっても、家では食べない食材も食べてくるしー。

あと一年半余りの幼稚園お弁当づくりを楽しむこととしましょう♪







[PR]
# by Darjeeling_0655 | 2017-07-13 14:39 | お弁当

紫陽花

気づいたら、6月も下旬…。新年度を迎えたあとは、あっという間でした。

4月から年中さんになった息子は、バス停で仲良しだったお兄ちゃんが卒園したのもあり、年少さんの頃よりも自分でやらなくてはいけないことが増えたプレッシャーもあり、行きたくないと泣き叫ぶ毎日…。最初は言い聞かせようとする私も、時間が迫るなか大きな声を出して急かすような朝が続きました。

加えて、義母がどんどん衰えていくのを防ぐため、しばらくぶりにデイサービスを再開する手はずを整えたのに、直前になって断念せざるをえないなど、なかなかこちらの想いとは裏腹に物事が進まないことがいくつもありました。

息子については(ダメ元で)担任の先生に相談したところ、真摯に聞いてくださり、苦手なお友達とバスの席を離してくださったり、息子の気持ちを聞く時間を作ってくださったようで、今のところ何とかバス停に向かってくれるようになりました。
(ひと組20人前後を受け持つ先生、本当に超・超多忙と思われるのに、息子に向き合う時間を作っていただいたことに感謝です)

義母については…いろいろ問題ありありですが、またぼちぼち、家族とケアマネージャーさんの力を借りて考えていこうと思います。

  ***

そんななかでも、家の中では楽しみを見つけています(^^*)

家の周辺では紫陽花が競うように咲いていて、たまたま通りかかった道端で白い紫陽花をいただきました。


b0341573_12393854.jpg


ここ、トイレなんですが、飾るのにちょうと良いスペース。


b0341573_12373229.jpg



玄関に…


b0341573_12382157.jpg

紫陽花はどの色もきれいだけど、白って一層すがすがしい気持ちにさせてくれます。紫陽花は水上げが難しいけど、長持ちしてくれると良いな~。

b0341573_12373325.jpg


隣に並べたのは、フェイクのペペロミアをお気に入りの鉢に入れています。ペペロミアはニトリで500円台だったと思います。


b0341573_12373367.jpg

息子が生まれる前は、アジアンタムやワイヤープランツが好きで、玄関に飾ってはせっせと手入れをしていました…が、ある日大量のアブラムシを発見して以来、「子育て中に害虫にビクビクするのはごめんだわ~(涙)」と手放しました。

それが今ではこんなに便利なものが! 少し離れて見れば癒されるグリーンと、たまにさっさとホコリをはらう程度の手間で済むのは本当にありがたいです。

ただニトリのフェイク類は、いかにも「造花」って物もあり、お値段もさまざまなので実際にお店で見るのが一番ですね。ペペロミアは個人的にヒットでした♪

道端で見かける紫陽花も、息子の顔に負けないくらいの大輪のものばかり。夕方に散歩をせがまれるのは少々疲れますが、目の保養をして頑張りたいと思います(^^;)




[PR]
# by Darjeeling_0655 | 2017-06-26 12:47 | インテリア

2~3月のインテリアと雛飾りに想うこと

気づいたら、2月も終わりです。春のように暖かい日もあれば、まだまだストーブが手放せない陽気の日もありますね。

幼稚園では息子の隣のクラスがインフルエンザで閉鎖。息子も週末から鼻をグズグズさせていて、案の定(!)私までも喉に違和感が…。体調を調えるのに気を遣う時期が続きます。

さて、バレンタインも通り過ぎましたが、2月に入ってからこちらを飾りました。

アルメダールズのお菓子をモチーフにしたティータオル。

b0341573_13532656.jpg

なんとなく、バレンタインっぽいかなと思い、先日海老名のららぽーとに寄った際に(そのときの初詣の記事です)、オットの許可を得て購入しました。

b0341573_12144967.jpg

以前、ティータオルはもう買わない!と宣言したのにあっさい撤回~(><) せっかくなので、ホワイトデーの頃まで楽しみたいと思います。


***

もうひとつ、3月が近づいたので玄関に小さな雛飾りを出しました。

b0341573_12550274.jpg

去年も書きましたが(過去記事、私が20歳を過ぎて叔母からいただいた、人生最初の雛人形。雛菓子をわざわざ買うのもな~と思って、息子の好きなキュービイロップを置いてみたら、なかなか良い気がします(^^)

b0341573_12550120.jpg

そして、桃の花の代わりに義父の丹精しているシンビジウムを。

b0341573_12550149.jpg


シンビジウム、花もちがとてもいいです! 2~3日に一度水を交換すれば、ひと月くらいもつのでは? 先日の『趣味の園芸』(2月12日放送)でもシンビジウムは洋ラン初心者に栽培が容易といっていました。いつか、義父からその鉢を引き継ぐ日がくるかもしれません。

それから、今年は我が家にもう一つのひな飾りがやってきました。

b0341573_12150564.jpg

タペストリー。立ち寄った和雑貨店で目を奪われ、一か月ほど悩んだ末にオットに相談したら「ウチ、女の子いないよね? …でも買ってもいいよ(笑)」と~(^^;)

布地ですが、端正な絵柄がプリントされていて、息子にイタズラされる心配もなく買って良かったです。

b0341573_12150642.jpg

五段目には「仕丁(宮廷の雑務や従者だそうです)」も描かれています。今回、しみじみ眺めて「面白い顔した人が並んでいるな~」と思ったのですが、恥ずかしながらはじめて由来を知りました。

参考サイトより(http://www.thousand-happy.jp/992.html)
衛士又は三人上戸とも呼ばれています。向かって左から、「台笠、沓台、立傘」の順番で飾ります。

左側から、「怒り上戸(熊手を持つ)・泣き上戸(ちり取りを持つ)・笑い上戸(ほうきを持つ)」で並べる、と覚えておくといいでしょう。



b0341573_12150631.jpg

私は雑貨店で2000円少しで入手しましたが、ネットなどでも同じものが売られているようです。お値段の割に利便性と鑑賞面で満足のいく品だったので、参考までに以前、扱っているネットショップを見つけたのですが分からなくなってしまいました…。2500円くらいだったと思います。

***

ところで、ひな祭りのたびに思うのは「自分の雛飾りコンプレックスが根強い」こと。

幼少の頃のことを書くと、トーンが暗くなってしまうのであまり書かないできましたが…

我が家は母がちょっと面倒な病気でエキセントリック、父は度重なる発展途上国への海外赴任をする仕事。ネット情報などがない当時、私と姉を連れて父とともに転々とする母のストレスはいかばかりだったか…帰国後も体調悪化はさらにエスカレートして母は子育てほぼ放棄という、ちょっと変わった家庭環境で育ちました。

そんな事情で、七五三や雛祭りなど日本の伝統行事などに無縁で育ったのですが、アラフォーになった今もそれへの憧れや羨望が払拭しきれないことを感じます(もうさすがにゴージャスな雛飾りはいらないけど…)。

この季節は特に、「幼少期に、周囲の子が当たり前に享受していた体験をせずに育つと、後々まで固執してしまうんだな~」という、自己分析の季節でもあります。

それでも年甲斐もなく雛飾りを欲しがる私に、「買ってもいいよ」と言ってくれる家族を得られた今は、「子供の頃は大変だったけど、人生って後でおつりが来るようにできているのかもしれない…」と考える余地も出てきて、それが日々の気持ちの有り様にも、「息子へはどこまで与えるべきか?」という、子育ての指針にもなっています(^-^)



[PR]
# by Darjeeling_0655 | 2017-02-28 11:44 | インテリア

2017・我が家のバレンタイン

今週のメインイベント(?)、バレンタインが無事に通り過ぎました。

オットに手作りするか、本当に前日の朝まで迷ったのですが…勢いで買ってしまった『オレンジページ・バレンタインスペシャル』号を取り出して、「メンドーだわー」とささやく自分にフタをして、腹をくくりました。

b0341573_12563683.jpg


お菓子作り、出産前はなんとか時々やっていましたが、子育てやらでバタバタしているうちに「お菓子なんか手作りしている場合じゃない!」という意識が芽生え、最近はさっぱりでした(><) 

(そういえば去年は、無印のキットを使って何とか作りました)

でも、今回は息子が幼稚園に行っている時間があるし、オットに日頃の感謝を示すのも必要なんじゃないの~!? と、もうひとりの自分がささやき…ようやく取り掛かった次第です。

今回挑戦した生チョコブラウニーは、材料をはかって家にあったアーモンドとクルミをどっさり加えて、混ぜて焼くだけ。オレンジページのレシピは手ごろな板チョコを使うので、思い立ったときに作れそうです(今後もそんな時があるといいのだけど)。

b0341573_12561247.jpg

なんとかできました! かなり濃厚!!

b0341573_12562440.jpg

作ったあとで、「ブラウニーの由来」をWikipediaで調べたところ()、なんと「調理の注意点」として

チョコレートの風味を保つためには、急いでオーブンから取り出す必要がある。チョコレートに独自の風味を与えている材料の多くは、揮発して消えてしまいやすいためである(調理中に漂う香りは、その風味や香味が空気中に逃げていることをよく示している)。数分間の余熱でも調理は進んでしまうので、出来るだけ早めにブラウニーをオーブンから出すのが良い。たいてい、竹串を刺して焼きあがりを確認する際に、少し湿った中身がまだ付いてくるくらいがちょうどよいとされる

とあるではありませんかー(@@)

風味が揮発してしまうとか余熱まで考えてなかったので、表面が乾くくらいまで焼きっぱなしにしてしまい、結局焼き過ぎになってしまいました。周りはカリカリの仕上がり…作る前に、ちょっと好奇心を発動してお菓子のことを調べてみるって大切だなーと、反省しました。

***

手作りの写真だけでは、情けないので…

バレンタイン前の週末に、町田に出かけることがあったので、「アンジェリーナ」モンブランのショコラバージョンを買ってきました。

b0341573_12563623.jpg


クリームにチョコレートがしっかり練りこんであって、栗よりもチョコが前面に出ていました(^^*) 中のホワイトクリーム外側のマロンクリームのバランスが絶妙♪ やっぱり美味しい~。

b0341573_12563714.jpg

店頭には、他に「塩キャラメル」「エスプレッソ」バージョンもありました。私は開店と同時に寄ることができて、いつものオリジナルバージョンと、「エスプレッソ」も選んで夕方までお取り置きをお願いしたのでいくつか買うことができましたが、受け取りに行った時にはショーケースの中はほぼ売り切れでした。

アンジェリーナは、販売店舗も少ないですし、絶対買いたい!というときはお取り置きがおススメです(^^)

なお、コスト高にともなって3月からデミサイズを500円に値上げするとのこと(いまは税込み486円)…ますます高嶺のスイーツになりそうです。ご参考までに、以前アンジェリーナについて書いた記事です(

(ちなみに息子は、中のホワイトクリームだけをほじくって食べていた…)

***

こちらは、週末に再会した友人からのお土産です。

b0341573_12561277.jpg

ストロベリー風味のチョコでコーティングしたクルミ菓子。オットと半分ずつして、大事にいただきました。

b0341573_12561164.jpg

バレンタインは面倒なこともあるけど、作ってあげられる家族がいる、チョコを交換できる友人がいる、そんな幸せを感じる日かもしれません。

***

おまけ:ブラウニーを作ったために、手抜きしたお弁当。

b0341573_12562475.jpg

おうちコープの冷凍かき揚げを、どんぶり風にご飯に乗せてます。作り置きの卵焼き(梅酢を入れて、まとめて作ってあります)。

b0341573_12562423.jpg

これも作り置きの高野豆腐ふくめ煮、ゆず大根。真ん中のスペースは、成城石井の値引き品だった「キヌアとアマランサスのバジルパスタ(だったかな?)」を苦し紛れに詰めました。

b0341573_12562572.jpg

半調理品があると、こんな日は本当に助かる! これからもルーティンのお弁当づくりと季節のイベントとうまく両立させて、何とか主婦の面目を保っていきましょう~(^^)







[PR]
# by Darjeeling_0655 | 2017-02-16 13:32 | お茶・スイーツのこと